Staff

先輩方は温かく指導して下さる方ばかり。未経験からのスタートでも熱意があれば成長できるんです。

トラックドライバー
Masahiro Sakata
坂田 尚大(28歳)
運行管理の方との壁がなく、何でも話せて相談に乗ってくれるので居心地がすごく良いです。
-未経験からトラックドライバーとして入社したきっかけは何だったのでしょうか?

前職は区の清掃作業員として勤務していたのですが、実はその時からトラックドライバーにチャレンジしたいと思っていたんです。そこで様々な媒体で会社を探していた所、求人サイトで当社の募集を見つけて、応募したことが入社のきっかけでした。そこで面接を受けたところ「ぜひ当社に入社して欲しい」と言って頂けたんです。未経験だったとしても、挑戦の機会を与えて下さる懐の広さが本当に嬉しくて。すぐに入社を決めました。

-未経験からの入社に不安はありませんでしたか?

正直にお話すると、不安はありました。入社前は、ドライバーに対して少し怖いイメージがありましたし、トラックの免許は持っていたものの、運転経験はほとんどなかったので「自分に運転が勤まるだろうか?」という思いがあったんです。しかし先輩と一緒にコースを回りながら、作業内容やセンターでの受付方法といった仕事の流れを、マンツーマンで丁寧に教えて頂いたことで、不安はすぐになくなりました。運行管理の方との間にも壁が全くなく、何でもフランクに話せるので、社内の雰囲気がとても良いんです。温かく指導して下さる方ばかりなので、仕事に対する熱意や目標があれば、たとえ経験がない状態で入社したとしても、活躍できるドライバーになれると思います。

家族との時間を会社として大切に考えてくれるので、お休みがとりやすく大変助かっています。
-ドライバーをしていて楽しいと感じるのはどんな時ですか?

トラックを運転している時です。当社では自分専用のトラックを支給して貰えるので車両に愛着も湧きますし、入社して1年がたち運転にも慣れてきた今、毎日の仕事がとても楽しいんです。しかし慣れてきたからこそ、どんな状況でも安全運転を心掛けるように気をつけています。各店舗まで、荷物を完璧な状態で届けることが私たちの仕事です。その上で事故は絶対にあってはなりませんし、そこがドライバーとしてもっとも忘れてはいけないところなんです。

-トラックドライバーとしての目標はありますか?

私は結婚していて子どもが2人いるのですが、トラックドライバーとしてレベルアップし、より稼いでいきたいと思っています。当社は家族との時間も大切に考えてくれるので、本人の希望によって仕事のスケジュールを組むことができ、事前に申請すればお休みも貰えるんです。荷物も、すでにカートに乗っている状態のものを積み込んで配送するので、前職と比較すると体力的にもゆとりを持って働けています。実際に入社してから妻や子どもと一緒に過ごす時間が増えましたし、こうした会社からの思いやりが非常に嬉しいんです。愛する家族を守っていくためにも、これからもドライバーとして目標を持って仕事に打ち込んで稼いでいきたいです。